ゆうき(8歳)&りょうま(2歳)の子育て日記です。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
宮城岩手内陸地震
2008-06-21 Sat 22:58
ちょうど先週の土曜日だったので、1週間が経ちましたね。
なんとなく気持ちが整理つかず、過ごしていました。

私は、栗原市花山で生まれ、中学までそこにずっと住んでいました。

そう、今回県内では、最もひどい災害が起きたところです。

たくさんの死者、行方不明者、けが人。毎回、ニュースを見る度に胸が痛くなります。
工事作業現場から最初に遺体で見つかったときに、奥さんが泣き崩れていたのを見て、本当に涙が出ました。
幸い、私の父は(私の両親は、私が幼い頃に離婚しています)、朝早くから仕事に出かけていたので、地震が起こった時間には、もう栗原市にはいなかったようです。たまたま運が良かったのだと思います。父は、昔から働き者で、休みの日でも朝早くから動いているような人でした。それが、今回は良かったのだと思います。

土砂崩れが起こった現場は、私の実家のすぐ近くにあります。近所の見慣れたおばさん、おじさんがニュースのインタビューに答えたり、家の中の様子が映し出されたりしています。本当に涙が出そうです。父は無事なのに、何故涙が出るのか・・・それは、やはり幼い頃の思い出がいっぱいの土地が、あまりにも変わり果てた姿になっているのが、悲しくなるのです。

私の父は、当日、仕事を早めに切り上げ、自宅へ迂回路を通り、行けるところまで車で行き、途中から歩いて自宅へ戻ったそうです。しかし、次の日、震災ダムと言って、地震による土砂崩れでせきとめられた川がダムのようになり、氾濫する恐れがあり、避難勧告が出されました。
でも、父は避難所へ行っていません。避難所へ一歩入ると、そこから出られなくなり、仕事へ行けなくなるからだと言っていました。

役場の人に居場所を伝えれば避難所でなくとも大丈夫ならしいです。今、気仙沼の近くの本吉という現場まで仕事に行っている父は、ほとんど車の中か、友人宅で生活をしているようです。
たまたま高い場所に家が建っているので、実家のほうは避難勧告といっても、調査員の人が調べて、家にいても良いという了解も出ているらしいのですが、電気も水道も使えない今、自宅へもどっても寂しいだけ。

あの実家へしばらくは行けなくなります。
自宅のすぐそばには大好きだったおじいちゃん、おばあちゃんのお墓もあります。お墓参りもしばらくは無理でしょうね。

仮設住宅の建設や、避難所へ大量の畳が運びこまれたり、いろいろと県も、国もいろいろしてはくれているようですが、花山の人達はお年寄りがほとんどです。住み慣れた家じゃないとろこの生活、かなりの疲労、ストレスになっているでしょう。中越の地震のように、真冬じゃなかったことだけが幸いですね。花山の冬も寒さは、かなり厳しいですからね。

このまま花山は、ただでさえ人口が少ないのに、どこかへみんな移り住んで、消えてしまうんじゃないかって思うときがあります。いまだに余震が続いている今、宮城県も梅雨入りしました。ますます土砂災害が心配です。

その地震のときには、私たちは旦那の実家へ行っていました。グラグラ来たときに、りょう君はビックリして私のところへ駆け寄ってしがみついていました。私もゆうきと、りょう君、2人を両脇に抱え込むように抱きしめていました。

だって、旦那の実家は、お父さんが船乗りだったので、賃貸のアパート暮らしで、築20年はするんじゃないだろうかという古い建物で、揺れも半端じゃないんです。気仙沼で海のほうなので、津波の心配もあったので、本当に不安で怖かったです。




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<賞状 | でこぼこブラザーの子育て日記 | 親子ビクス>>
この記事のコメント
もとこさん、おひさしぶりです。

しばらく更新がなかったけど、便りがないのがよい便りかな?って思って、待ってました。

先日の地震は、もとこさんにとってはまた違った意味のある地震だったんですね。
よくお子さんの心のケア…というけど、もとこさんの心のケアも必要かも。

ちなみに、私は仕事中でした。エレベーター停まって、休みだった偉い人たちがぞくぞく出勤してきて…ってなんか異様な雰囲気でしたよ。

もう、宮城県沖が怖いっ(涙)
2008-06-24 Tue 01:30 | URL | みゅうまっち #IE9usXu.[ 内容変更]
自分になじみのある土地ならなおさら・・・
もとこさんのショックはと思うと心が痛いです。
おととし、新潟の地震があった地域に花火を
見に行った時も、まだ地震の爪あとや仮設住宅も
ありました。
これからが大変ですよね。。。。

我が家は、姫が丁度TVでおかあさんといっしょを
見ていて、初めて「緊急地震速報」をみました。
那須はその何秒後かにゆれました。。
本当に起こるとはとびっくりしましたね、。
2008-06-25 Wed 17:43 | URL | じゅりあ #M1UIplr6[ 内容変更]
みゅうまっちさん
会社のほうも大変だったんですね。そう言えば、何年か前、私も仕事中に地震が来たことがありました。怖すぎて「少々お待ちください」って保留にして机にしがみついていた覚えがあります。

宮城県沖地震、これで終わりってならないかなぁ。

なんか、最近ブログの更新がなかなかできなかったんだよねぇ。前にも書きましたが小学校のブログを担当しているせいかもしれません。

よかったら、小学校のPTAのブログ自由に見れますので、こちらもぜひ、のぞいてみてください。
2008-06-27 Fri 18:20 | URL | もとこ #-[ 内容変更]
じゅりあさん
ご無沙汰して、すみません。

やはり地震の爪跡は、なかなか消えないんですね。

うちの父親も仮設住宅へ申し込み、入居可能になったそうです。今まで隣近所と言ったら、かなり歩かないと会わなかったのですが、これからはご近所づきあいも大切になるみたいです。

うちも地震のあったときには、おかあさんといっしょを見ていましたよ。おかあさんといっしょが途中で終わってしまったので、ガッカリしていました。
2008-06-27 Fri 18:24 | URL | もとこ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| でこぼこブラザーの子育て日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。