FC2ブログ
ゆうき(8歳)&りょうま(2歳)の子育て日記です。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
1年生最後の授業参観
2008-02-24 Sun 16:13
記事が前後しますが、金曜日にゆうきの小学校で、今年最後の授業参観がありました。

今回のテーマは、「赤ちゃんの誕生を通して、生命の尊さを学ぶ」というもの。
担任の先生が妊娠中というのもあり、このクラスには、ぴったりのテーマだったんじゃないかと思います。

でも、今回はブログ制作委員会のほうの集まりもあり、授業参観より1時間早めに学校へ行きました。いつもならば、りょう君を一時保育で預けるのですが、今回は連れて行きました。なぜかというと、毎回授業参観のたびに預けると、お金もかかるし、りょう君もゆうきの小学校になれて欲しかったのです。やはり、毎回預けるのは面倒なので・・・。
それと、ブログ制作委員会のほうの、新旧メンバーの顔合わせということでしたが、りょう君を連れて行けば、部長や副部長からは逃げられるかなぁと思って。それでなくても、ほかのメンバーは、ほとんどフルタイムで働いているお母さん達が多いので・・・。

ところが、今回のりょう君はかなりてこずりました。この日は、3月下旬並の天気で暖かかったんですね。すると、公園などで思いっきり遊びたいし、りょう君も出かけるときにもちろん、公園に行くんだと思っていたのでしょう。ところが、期待はずれのところへ連れて来られて、かなり泣き叫びました。

役員の集まりが終わって、授業参観中も泣いているので、授業の邪魔になるかと思って、教室へ入ることもできません。それで、しばらくおんぶしたまま散歩しているうちに寝たので、また教室へやってきました。すると、どうやら担任の先生のお腹の中にいる赤ちゃんの、腹部エコーの写真を大きく引き伸ばして、子供達に説明しているようでした。

そうしているうちに、突然、りょう君がまた起きてしまったのです。仕方なくまた教室から出たり、入ったりしているうちに、先生が「お母さんからみんなへのお手紙を書いてもらいました。どれも素晴らしくて、先生涙が出てきました。それで、先生が読むんじゃもったいないので、せっかくお母さん達が来ているので、お母さんに読んでもらいましょう。じゃ、お母さんに読んで欲しい人、手あげて。」と言い出しました。

えっ?確かにゆうきが宿題だからっていろいろ赤ちゃんの頃のことを書いたけど、まさかここでみんなの前で読まされるなんて思ってもみませんでした。表に赤ちゃんの頃の写真をはって、裏に産まれたばかりの頃の身長、体重、産まれた日のこと。その日の天気や、産まれるまで一番大変だったこと、名前の由来など。最後に画用紙の半分を使ってお母さんからのメッセージという欄が確かにありました。だから私も書きました。でも、ゆうきが読むだけだと思っていたから、全部ひらがなでわざわざ書いたのに・・・。まぁ、りょう君がグズっているから、あてられないだろうと思っていたんです。

ところが、今まで全然発言していなかったらしく、指名されちゃいました。仕方なくりょう君をあやしながら読みましたよ。でも、ゆうきの授業参観にゆうきの発表を見るんじゃなく、私が発表することになるとは、予想もしていませんでした。

お恥ずかしながら、どんな内容だったかと言うと・・・
「ゆうきへ
ゆうきは産まれるときから、優しい子でした。ママが1人じゃ心細いだろうと思って、パパがいる日曜日の朝に産まれてくれました。それが一番のプレゼントでした。
ママが悲しい気持ちのときには、一緒に涙を流してくれました。
ゆうきのゆうの字は、心の優しい子になってほしいという願いからつけました。
これからも、ずっと心の優しい子になってください。」
という内容です。

ゆうきは、本当に私が泣いていると、それまで楽しそうに遊んでいても、急に涙をこぼしていたんです。泣き声は出さなくても涙が最初に出て、私が「なんでゆうきまで泣いているの?」って抱きしめると、「ウワーン」って泣き始めていました。
成長とともにこういうことはなくなって、ちょっと寂しいのですが・・・。
りょう君は、ちょっと違うのですが、ゆうきが私に怒られていると涙を流すんです。それで、私が「どうしてりょう君が泣いているの?」って聞くと、大泣きしちゃいます。それを見て、ゆうきも泣いちゃうんです。きっと、りょう君はゆうきのことが大好きなんですね。だから、怒られているゆうきを見ると、悲しい気持ちになるんでしょうね。

さて、話がそれましたが、授業参観は、後半はお母さん達の手紙の発表だったので、発表が終わった私は、またりょう君と廊下をウロウロしていました。そして、チャイムが鳴り、帰りの会を終えたゆうきと一緒に帰ってきました。本当は、その後、懇談会もあったのですが、クラス懇談会じゃなく、学年懇談会だったし、りょう君もまたうるさくしそうだったので、残念ですが、仕方がありません。


そう言えば、また忘れていましたが、りょう君も1才8ヶ月になりました。
最近、お昼寝をしなくなって、私はあまりゆっくりできなくなりました。公園に遊びに行けないから、疲れていないんでしょうね。もう少し暖かくなったら、毎日でも外へ連れて行ってあげたいなぁ。
自分の好きなテレビが映っていると、足をドンドンさせて踊っています。ゆうきと一緒に「そんなの関係ねぇ」もやっています。今は、いないいないばぁのペンギンの歌が一番好きみたいです。食べ物は、イチゴが大好きで、うちの冷蔵庫は野菜室が一番下にあるのですが、自分であけて勝手につまみ食いしているときもあります。
本当にいろいろ達者になってきました。ますます目が離せません。


スポンサーサイト
別窓 | ゆうき | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<怖いの? | でこぼこブラザーの子育て日記 | 初めてのキャラクターショー>>
この記事のコメント
りょう君連れての授業参観お疲れ様でしたっ!!
カイもそうですがもうこの位の年頃になると
おんぶで大人しくしていられなくなりますよねぇ~・・・
おんぶから降ろしても自由に動き回りたくて
ふらふら、、、しだすし><
私もこの前、まさにもとこさんと同じ感じで
ゲンの幼稚園の一日保育があって大変な思いをしました。。。
でもそんな感じでしたらブログ製作委員会の部長・副部長から逃れられるかもしれないですねっ^^
2008-02-25 Mon 13:54 | URL | Etsu #-[ 内容変更]
ホロリときました…
もとこさんのゆうきくんに対する愛情が…、もう…!!
涙・涙です…(泣)
そしてゆうきくんもそんなもとこさんの愛を全身に受けて、本当にやさしい男の子に育ちましたよねぇ! りょうくんもおチビさんながら、お兄ちゃまへの思いやりも充分感じられますし…、うちの子たちなんて3人とも、1人が怒られてたら残り二人が指差して笑ってるんですよ!? …やっぱり育て方間違えたしら…。ま、まあ、それはしれで逞しいような気もして、まぁいいかとも思ってるんですけど★

チビちゃん連れの行事は大変ですよね~。お疲れさまでした☆
うちはさすがに今度の授業参観(平日の午後…お昼寝タイム)はおサボリする予定です。お姉ちゃんには申し訳ないんですけどね~…。
2008-02-25 Mon 20:03 | URL | チサト #-[ 内容変更]
Etsuさん
本当に、自由に動きたくて仕方ない年頃なんですよね。ゆうきの小学校は、マンモス校なので、校庭も校舎も広くて、階段もたくさんあって、りょう君は探検したくて仕方なかったみたい。それなのに、おんぶで縛られて、おもしろくなったんでしょうね。

お互い、これからも大変ですね。がんばりましょう。
2008-02-26 Tue 20:02 | URL | もとこ #-[ 内容変更]
チサトさん
私の記事で涙を流してくれるチサトさん、嬉しいです。
私は愛情たっぷり育てたって感覚はなかったんです。でも、以前働いていた職場の人に「もとこさんは、ゆうき君が大好きなんだね。愛しているんだね。」って言われたことがありました。「普通、自分の子供はみんなかわいいでしょ?大好きじゃないの?」って当時、不思議に思った記憶があります。

小学生って、だんだんバカにしたり、茶化したりするようになってきますよね?ゆうきのお友達も上の兄弟がいる子は、そういう子が多いです。ゆうきも、不器用な子なので、よく「ヘタクソ!」なんて言われて、ションボリしています。
でも、そういう言葉に対する免疫も必要かなぁって最近思い始めています。

うちの小学校も平日の午後に授業参観だったんです。だから、こんなにも大変だったんです。お姉ちゃんだったら、チサトさんがどんなに大変かを、きっと分かってくれると思います。

2008-02-26 Tue 20:11 | URL | もとこ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| でこぼこブラザーの子育て日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。