ゆうき(8歳)&りょうま(2歳)の子育て日記です。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
交通事故
2007-08-03 Fri 22:44
今日は、私にとって今まで生きてきた中で、一番後悔した日でした。

今日もゆうきは、朝からSちゃんとプールに行って来ました。お昼頃帰ってから、「今日は、Mちゃん、Rちゃんも来ていたよ。Sちゃんと、Mちゃんと、Rちゃんと午後からうちの近くの公園で遊ぶ約束をしたの。DSも持ってくるように言われた。もし、なかなか来なかったらSちゃんにピンポンしてもいいよって言ったんだけど、来なかったら違う公園に行っているかもしれないって言われたから、早く行かなくちゃ。」ってお昼ご飯も食べないうちからパタパタしていました。

やっとのことで、お昼ご飯を食べさせましたが、夏休みの宿題を今日中に終らせたかったので、宿題をやってから行くように言いました。でも、ゆうきは、みんなを待たせたら悪いから、帰ってから絶対やるから行きたいといいました。外は30度を越える炎天下。りょう君連れて、外に出かける気にはなれなかった私は、ゆうき一人で外へ出しました。公園もうちのマンションの隣の隣なので、そんなに心配することもないと思ったのです。

ところが、水筒に飲み物を準備したのに持たないで出て行ってしまったことに気付いた私は、水筒を渡そうと外へ行きました。ところが、近くの公園にはいませんでした。それで、近くにはあと2つ公園があるのですが、そこも探し回ったのですが、どうしてもゆうきが見つかりません。それで、もう一度、一番近い公園を覗いてから、仕方なく家に戻ることにしました。

家の中に入るとすぐに自宅の電話が鳴りました。番号を見ると、ゆうきの通っている小学校からです。ゆうきは昨日、プールにバスタオルを忘れてきたので、そのことかな?なんてのんきに考えて電話に出ました。

「○○小学校です。こちらは1年○組のゆうき君のお宅ですか?実は、通行人の方から通報がありまして・・・。」

とここまで聞いて、迷子にでもなったのかとまだのんきなことを考えていました。


「ゆうき君が、生協の側の駐車場出口のあたりで車にぶつかり、怪我をして、通行人の方が救急車を呼んでくれて、今、消防隊員の方もいますので、すぐにそちらへ向かってください」

とのことでした。


「うそでしょ?ゆうきが交通事故?」

私は自分の耳を疑いました。
すると、今度は下のエントランスから通報してくれた方がわざわざ私を迎えに来てくれました。
「ゆうき君のお母さんですか?呼びかけにも応えているし、小学校名、クラス、名前、すべて自分で話しているので、脳のほうは大丈夫だと思いますが、足や顔に怪我をしているので、すぐに市立病院へ向かうそうです」とのこと。

現場に向かう途中、Sちゃんが私の姿を見て、駆け寄ってくれて、

「ゆうき君が、ゆうき君が大変なの。あのね、うちにいたら、ガシャーンって大きな音がして、外を見たら、1年生が事故にあったって言っていたから、もしかしたら、ゆうき君じゃないかと思って、出てきたら、やっぱりゆうき君で、顔とか足とか包帯でグルグル巻きにされてね、大変なの。大丈夫かな?」

って救急車のところまで案内してくれました。
現場は、Sちゃんのマンションの目の前。どうやら公園でお友達に会えなかったゆうきは、Sちゃんのところへ向かう途中だったようです。
そこへこのあたりをはじめて運転したばかりの車とぶつかり、ゆうきの自転車の後ろのタイヤと運転していた車のタイヤがからまり、ひきずられるようになり、けがをしたらしいのです。

救急隊員のかたが「こちらがお宅のお子さんで間違いありませんか?」って聞くので、救急車に乗り込むと、確かにゆうきが横たわっていました。そして、私の顔を見ると、涙がボロボロとこぼれ、泣き出してしまいました。

私はゆうきになんて申し訳ないことをしたのでしょう。こんなことになるんだったら、ちゃんとついていけば良かった。もう少し、宿題をやらせていればよかったって、後悔の嵐です。

そして、「ママ~」って言いながら涙を流すゆうきを私はひたすら、手を握って「大丈夫だから。もう大丈夫だから。病院で早く治療してもらおうね。」って言いました。

病院では、両足の膝の傷口、右目脇の傷、を消毒、治療し、CTと頭のレントゲンをとりました。治療中も「痛い、痛い。やだ~ママ助けて~。」と泣き叫んでいました。私はどうすることもできず、涙をこらえるのに必死でした。涙を見られたら、ゆうきがますます不安になるので、それだけは見せるわけにはいきません。

結果、脳には異常なし。ただ足が異常に痛がるので、打撲による内出血だとは思うが、MRIで足のほうまで診ていないので、ひどく腫れたり、痛がるようだったら、再度、整形外科を受診するようにとのことでした。何故?今、ここでとってくれないの?って思いましたが、救急センターでは、これぐらいの怪我はとらないのが普通なんだそうです。なんか納得いきません。

そして、痛くて立ち上がることもできないゆうきを、急遽会社から駆けつけてくれたパパがおんぶして、車で家まで帰ってきました。

入院もこれぐらいでは、できないそうなんです。それに、ゆうき自身もおうちでみんなと一緒がいいって言っていたので、私もりょう君がいるので、病院に付き添うことができないので、連れて帰ってきました。

私一人の過ちで、たくさんの人に迷惑をかけました。小学校の校長先生も病院に来てくれたし、子供会の役員のかたも現場に駆けつけてくれました。自宅には、担任の先生、今日一緒に遊ぶはずだったお友達、ほかにも同じクラスのお友達など、みんなゆうきのことを心配してくれました。こんなにたくさんの人に心配してもらって、ゆうきは幸せです。

毎日、Sちゃんとプールに行って、帰ってきてから一緒に遊ぶのが夏休みのゆうきのお楽しみだったのです。もうそれもできません。Sちゃんのママには、夕方電話して、プールは明日からは一緒に行けなくなったことを伝えました。Sちゃんママは、「大丈夫ですか?よくなったら電話もらえれば、また一緒に行きましょうね。」ってあたたかい言葉をもらいました。本当に感激です。

火曜日からキャンプに行く予定だったんだけど、とにかく自分の足で立つことができないので、トイレに行くにも私がおんぶして便座に座らせて、座ったまま用をすませている状態です。せっかくお友達の家族と3家族合同でのキャンプだったのですが、残念です。

それより、夏休みが終るまでにゆうきは歩けるようになるかが心配です。だって、小学校まで20分以上の距離を歩かないと着かないのです。通学ができないようでは、どうしようもありません。
とりあえず、あとから症状が出ることもあるので、月曜日に再度、脳神経外科を受診するように言われたのですが、どうやって病院まで行こうかな?だって、うちは車はパパが通勤で使っているし、りょう君もいるし・・・。


スポンサーサイト
別窓 | ゆうき | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<今日のゆうき | でこぼこブラザーの子育て日記 | プール>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-08-04 Sat 22:48 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| でこぼこブラザーの子育て日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。