ゆうき(8歳)&りょうま(2歳)の子育て日記です。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
個人面談
2007-07-26 Thu 11:52
ゆうきが小学校へ入って、初めての個人面談がありました。担任の先生とは、いつも挨拶程度しかお話したことがなかったので、ドキドキしました。
ゆうきの担任の先生は、女の先生で、今年の4月に近くの小学校から異動してきた先生ですが、去年も1年生を受け持っていたらしいです。ここの小学校で、6校目ということで、まぁまぁベテランの先生なのかなぁ?と私は思っています。
時間のほうは一人当たり15分。地域ごとに日にちが決まっていますが、親の都合の関係で、少し予定を変えてくれたりします。そしたら、ゆうきは午後2時からということになりました。ゆうきの次は、大好きなSちゃんなのですが、Sちゃんは3時からです。ということは、45分も空きがあるのです。私は前々から、ゆうきには先生のほうから特別な話があるから、次の人までにこんなにあけているだって思って、心配していました。だって、ほとんどの子は15分きざみでギッシリの予定なんです。

りょう君は、また保育園の一時預かりを利用し、ゆうきは小学校へ連れて行きました。私は、校庭で遊んでいてもいいかなぁ?って思っていたのですが、この日は、真夏日。暑くて、とても外で遊べる環境ではなかったので、前の人の面談が終るまで、一緒に教室の前で待っていました。そしたら、前の人が終って、先生が「どうぞ。あっ、ゆうき君も一緒にどうぞ。」って。えっ?ゆうきも一緒に聞くの?あまり聞かれたくない話もあるんだけど・・・。って思いましたが、なんか必要以上に拒むのも変な感じがして、そのまま一緒にいることになったのです。でも、先生の机の向かいに、2つ机を並べてくっつけて、話を聞くって、どうなんでしょうか?

さて、面談の内容は、まずゆうきの家庭での様子を先生のほうから質問されました。
1.お風呂、着替え、歯磨きなどは自分でやっているか?
2.簡単なおつかいは行かせたことがあるか?
3.電話の応対はできるか?

ここまでは全てYESです。
4.学校から帰ってからは、誰と一緒に遊んでいるか?
これはSちゃんと、T君と答えました。

その後、4月に比べてどれくらいできるようになったか、など先生のほうからお話があり、それでもやはり算数がたくさん問題があるとできないみたいというのが現状。そして、衝撃的な一言。
「もっと時間をかけてあげられればできると思うので、今後、個別指導をしていきたいと思いますが、お母さん的には、納得してくれますか?」というのです。つまりは、みんなが算数の授業を受けている最中、抜け出して、別室に移動して、個人指導されるらしいのです。私的には、すごくショックでした。確かにあまりできていないというのも事実ですが、みんなと一緒に受けられないで別の部屋に連れて行かれて、それこそいじめの原因にならないか?そのほうが心配です。だから、放課後とかもっとみんなの見えないところでやるわけには行かないのか?という要望を出して来ました。
りょう君がいたずらするので、ゆうきにはゆっくり勉強する時間もないし、私もなかなか教えてあげることもできないので、学校のほうで指導してくれるのはありがたいのですが、あまりにも差別つけすぎのような気がします。少人数指導の先生は、いつも教室にいるんですよ。その先生だけじゃムリなんでしょうか?
それを言われた直後に「ゆうき君は、今まで市の相談などに行ったことがありますか?」ときかれました。
は?それってうちのゆうきが障害を持っている可能性があるってこと?確かに言葉の出も遅かったし、不器用だし、いまだに字も汚いけど、それってすごく失礼な聞き方だなぁって思いました。

あとは、先日から悩んでいた、ゆうきの鼻をいじるクセに対して、男の子がバカにした言い方をされたこと。これに関しては、先生のほうからもいつも言っているらしいのですが、この子はこういう子ならしいです。ほかにも何人か鼻クソをいじる子がいるらしいので、その子達にも同じようなことをしているらしいので、少し安心しました。

最後にHちゃんからゆうきが異常に嫌われて、最近、SちゃんやT君と一緒にHちゃんが帰り始めたので、今までSちゃん、T君、ゆうきで帰っていたので、急に一人になってしまったこと。一応、ほかのお友達と帰るように言ったのですが、雨の日に傘を持って迎えに来たら、ただなんとなく後ろをついているゆうきの姿をみたことがあるって話しました。
このことは、夏休み後になりますが、先生のほうから聞いてみるとのことでした。ただ、名前を伏て相談する予定でしたが、先生のほうから聞く関係上、結局、名前をバラしてしまいました。
一応、ゆうきの後にはSちゃん、次の日の午後にはHちゃんの面談があったはずなので、そのときに先生のほうからはなしているかもしれませんが・・・。


こんな感じの面談でした。
結局、次のSちゃんの面談が始まる3時ギリギリまでずっと話していました。やはり、時間がかかるのは見込まれていたんだと思います。でも、ほかのお友達のお母さんは、猛スピードで時間がなくて大変だったという人もいたので、ゆっくりお話できたことは、ある意味ラッキーだったと思います。

面談が終ると、校庭で遊んでいるSちゃんの姿を発見!ゆうきは、「一緒に遊んでいい?」って聞いてきました。結局、Sちゃんの面談が終るまで、二人で仲良く遊んでいました。
スポンサーサイト
別窓 | ゆうき | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<複雑な心境 | でこぼこブラザーの子育て日記 | 祝・7才>>
この記事のコメント
個別指導って、今はそんなに珍しいことじゃないですよ~。
私たちの時代とは違って、今はゆとり教育ですから。時間は少ないのに、足並みそろえなくちゃいけない…、で、どうしてもそういう対策を取らないとやっていけないみたいです。うちの娘の学年でも、毎年そういうお子さんがいますけど(メンバーは結構代わってます)、それでイジメになっただのどうのって話は全くききません。だって珍しいことではないですからね。低学年のうちにそういった「工夫」を進められたのは、むしろラッキーだと思いますよ。
市の相談も、うちの娘の通う小学校では、普通に「気軽に相談してください」ってチラシが頻繁に配られますよ。こちらも、今は特別なことではないみたいです。それに、昔は個性だったことでも、今は障害名が付きますからね…。←でもこれって悪いことではないと思うんですよ。それで我が子が生き易くなるのだとしたら、安いものだと思いますよ☆
2007-07-26 Thu 13:52 | URL | チサト #-[ 内容変更]
チサトさん
そうなんですかi-198個別指導って、珍しくないんですか?
それは知りませんでした。
ゆとり教育、確かにそうですね。でも、1年生のはじめのうちって、進み方もゆっくりで丁寧に教えてもらっているはずなんです。夏休み後からスピードアップすると思うので、今からこんなにつまずいて、これから大丈夫なのか、心配です。

市の相談も、私もゆうきが集団検診などに参加すると必ず、「何かありましたら、気軽にご相談ください。」って声をかけられました。
2007-07-27 Fri 13:40 | URL | もとこ #-[ 内容変更]
再度失礼します~(私はお姉ちゃんのことがあったので、こういうことにはちょっと詳しいですよ!?笑)。

ひょっとしたらゆうきくんの場合は、まだ1対多数(つまり、先生対生徒)の指導に慣れていないのでは?とも思います。だから教室にいる少人数指導の先生ではなく、個別の指導を勧められたのではないでしょうか。
うちのお姉ちゃんがそうなんですが、先生が黒板の前にたって何か説明しても、自分に説明されている…って感覚がないんです。先生は皆に説明しているのに、自分の意識は、どこか別のところに飛んでしまっているんです。
こういう子の場合は、まず勉強をおそわる「コツ」を学習する必要がありますので、それ故の個別(本当の少人数)指導なんだと思います。
うちの娘の同級生ですと、1年生の頃は、個別指導に加えて、夏休みがたった5日ほどしかなかったお子さんもいますよ。毎日学校で勉強してました。

1年生だからこそ、差があるとも言えますよ。
上がいるお子さんたちはやっぱり色々な意味でませていますし、逆にまだ全く欲のないお子さんもいます。
うちも先日、娘の面談があったのですが「本人が困ってないことにはどうにもならない」ってことで、教師の意見も親の意見も、一致して帰ってきました(苦笑)。
今回のこと、ゆうきくん自身はどう思っているんでしょう。
わからないことが多くて悔しいとか悲しいとか…。
もしくは公文とか、どうですか?
2007-07-27 Fri 19:41 | URL | チサト #-[ 内容変更]
チサトさん
確かにゆうきも1対多数の指導に慣れていないと思います。チサトさんのおっしゃるとおり、授業参観でも先生が一生懸命説明しているのに、聞いているのか、聞いていないのか、ボーッとしている感じでした。

今回のことは、ゆうきは困っているのかどうかは、なかなか言ってくれませんが、算数の授業中に終らないで宿題になってしまうプリントを持ち帰ることが結構あって、そのほかにみんなに出されている宿題もあって、こんなに多いと遊ぶ時間がなくなってしまうので、それは困るって言っていました。

公文も考えたのですが、値段のわりには、プリントの数をこなすだけで、力がつかないって聞いたので・・・。
2007-07-28 Sat 19:37 | URL | もとこ #-[ 内容変更]
長い個人面談、お疲れ様でした。
小学生にもなると、幼稚園などのようにただただ「お家での様子どうですかぁ~?」みたいな感じじゃないんですね・・・。
私も今から心細くなります。

ちなみに私の友人の子で、やはり今年から小学生の男の子ですが
やっぱりほぼ毎日のように居残りで算数や国語を
補習しているといってました。(ウチの長男に良く似たマイペース君です。)

本人は(とてもいい先生だそうなので)先生を身近に感じて勉強が出来るし、周りの友達の勢いに押されてあせる必要も無いので『補習は嬉しい』と喜んでいるようですが、ママ(私の友人)はやはり心配だと言ってました。

でも、いい風に考えたら
理解できていないまま置いてけぼりにしない良い学校だと思う、と。

子供って何がきっかけで勉強に目覚めるか分からないですし
今は先生の指導法を見守ってみるのも一案かもしれないですよね。
ただ個人的には授業中に別室で・・・というのは驚きましたけど。
昔はそんなの無かったですよね~。

ちなみに、しょーは公文やってますが
うちの子には合ってたみたいで、案外楽しそうに毎日必ずダイニングテーブルで宿題をこなしています。
公文に関しては、本当にその教室や先生しだいですね。
2007-07-29 Sun 23:38 | URL | kaopon #PikvLR5I[ 内容変更]
kaoponさん
ごめんなさい。決して、公文をけなすつもりも、公文を習わせているkaoponさんを批判するつもりもなかったのですが、うちの近所の公文の評判が悪かったもので・・・気に障っていたら、ごめんなさい。うちも幼稚園のうちから何か習わせていたら、もっと違っていたのかもしれません。でも、幼稚園のうちはひらがなも読めなかったので、習わせるなんて想像もできませんでした。

しかし、個別指導って本当に今は結構あるんですね。私がそういう情報にうといだけだったみたいです。でも、やはり別室で指導って、なんかイヤなんですよね。ゆうきがみんなについていけなかった理由のひとつに、担任の先生のしゃべり方もあるようです。
ゆうきもおっとりマイペース君。私もそんなに早口ではありません。でも、担任の先生は、早口でなかなか聞き取りにくいって話していました。それでも、たまたま座席が1番前の席ってことで、よく目をかけてもらっているようですし、お隣の女の子も面倒見の良い、賢い子なので、ラッキーだったとは思っています。

今現在、算数の暗記カード(足し算、引き算)と、チャレンジ1年生の付録の引き算マシーンをいつでも持ち歩いて、時間があるときには、常にやらせています。ドリルをやるより、暗記カードを使って、私が問題を出して、ゆうきが答えるっていうスタイルが気に入っているようです。
2007-07-30 Mon 23:34 | URL | もとこ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| でこぼこブラザーの子育て日記 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。